読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

神戸経済ニュース

こちらは旧サイトです。新サイトは http://news.kobekeizai.jp をご覧ください。

大橋神商会頭、改造内閣に「民間主導の経済成長」「財政健全化」を期待

財界

 神戸商工会議所の大橋忠晴会頭(川崎重工業相談役)は7日、同日に安倍晋三首相が実施した内閣改造についてコメントを発表した。新閣僚の顔ぶれには「多くの主要閣僚が留任するなど、政権運営の安定性を重視した布陣」との見方を示し、評価する姿勢を表した。そうした「強固な推進体制の下」で、「スピード感を持ってしかるべき政策を断行してほしい」と強調した。

 期待する施策には「民間主導の経済成長」と「財政健全化」を挙げた。経済は「景気に停滞感が見られるなか、まずは最優先」と位置づけ、「規制改革やエネルギー対策、貿易自由化など成長戦略を加速」させることへの期待感を述べた。一方で、人口減少問題などを受けた将来の社会保障などにも配慮。「財政健全化への道筋を早期に明示することを強く求めたい」とも強調した。

 関西経済連合会森詳介会長(関西電力会長)も内閣改造についてコメントを発表。多くの閣僚が留任したことで「引き続きアベノミクスを果断に推進するという安倍総理のメッセージであると、心強く感じている」との見方を示した。

 

copyright(c)2014 by Kobe Keizai News, all rights reserved