読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

神戸経済ニュース

こちらは旧サイトです。新サイトは http://news.kobekeizai.jp をご覧ください。

富士通テン、デンソーの連結子会社に 富士通は出資比率14%に引き下げ

業績・株式 企業

 デンソー富士通トヨタ自動車の3社は9日、カーオーディオやカーナビゲーションシステムなど車載機器を製造する富士通テン(神戸市兵庫区)に対する3社の出資比率を見直すことで合意したと発表した。富士通富士通テン株の41%を売却し、これをデンソーが買い取ることで2016年度内にも最終合意する。富士通テンデンソーの連結対象になる見込みだ。

f:id:gaku-tokyo:20160910013951p:plain

 運転支援技術や自動運転技術の普及に向け、運転者と自動車をつなぐカーナビやカーオーディオの重要性が増している。このためデンソー富士通テンとの関係を深め、自動運転に必要な技術の共有やさらなる開発を進めることで、富士通トヨタとも合意した。富士通は今回の見直しを契機にデンソーとの関係を一段と深め、自動車に関する事業や物のネット接続(IoT)などの強化につなげたい考えだ。

 富士通テン1920年に設立した川西機械製作所に源流があり、49年設立の神戸工業が前身。68年に富士通が合併したが、ラジオ部門が72年に独立して富士通テンを設立。73年にデンソートヨタが資本参加し、トヨタの純正オーディオなどを手がけるようになった。

copyright(c)2014 by Kobe Keizai News, all rights reserved