読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

神戸経済ニュース

こちらは旧サイトです。新サイトは http://news.kobekeizai.jp をご覧ください。

荷物の受け取り、駅の宅配ロッカーで24時間 阪神、西宮などで9月から

企業

 阪急阪神ホールディングス傘下の阪神電気鉄道は、駅付近や構内に設置した宅配ロッカーで24時間、荷物が受け取れるサービスを始める。ヤマト運輸の個人会員(クロネコメンバーズ)を対象に、自宅で荷物を受け取れなかった場合の再配達場所として、駅の宅配ロッカー(イメージ図=阪神電鉄の発表資料より)を指定できるようになる。当初は9月に4駅でサービスを開始し、利用状況に応じて利用できる駅を順次増やす。

f:id:gaku-tokyo:20160829223916p:plain

 設置する宅配ロッカーは、仏ネオポストとヤマト運輸が共同で出資したパックシティ・ジャパン(東京都千代田区)が供給する。将来的にはヤマト運輸以外の荷物でも受け取れるようにすることも検討する。ネット通販などの増加で個人が宅配便を受け取る機会が増えているため、阪神電鉄は駅で荷物を受け取れるようにすることで、沿線住民の利便性に寄与すると判断した。

 まず9月1日に西宮駅近くの駐輪場内に設置する。さらに9月中には芦屋駅大石駅西灘駅の構内に設置を決めている。年中無休、始発前や終電後でも荷物を受け取れるよう配置する場所を選んだようだ。

copyright(c)2014 by Kobe Keizai News, all rights reserved