読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

神戸経済ニュース

こちらは旧サイトです。新サイトは http://news.kobekeizai.jp をご覧ください。

兵庫県20年債、利率0.665%・100円で150億円発行へ 国債プラス0.07%

 兵庫県は26日に20年物の公募地方債の発行条件を決めた。表面利率は0.665%で発行価格は100円(応募者利回り0.665%)、発行額は150億円になった。20年物国債155回債利回りに対する上乗せ幅(スプレッド)は0.07%になった。主幹事は三菱UFJモルガン・スタンレー証券東海東京証券、SMBC日興証券クレディ・スイス証券の4社が務めた。

  9時35分に募集を開始し、主幹事は9時37分に完売を確認したうえで均一価格リリースを宣言。流通市場での取引に移った。3月8日に発行し、償還日は2036年3月7日。

 前回債である2015年9月に発行した20年物の兵庫県債(発行額200億円)は利回り1.203%、スプレッド0.045%だった。日銀がマイナス金利を導入した影響で超長期国債の利回りも大幅に低下したのを受け、兵庫県の今回20年債も前回債に比べ大幅に利回りが低下したとみられる。ただ利回り低下幅は国債に追い付かなかったようだ。

copyright(c)2014 by Kobe Keizai News, all rights reserved